メッツコーラの効果と飲んだ感想!


メッツ

 こんにちは!話題になったのは随分前で今更ですが、メッツコーラ飲んでみました。

特定保健用食品ということで、どのような研究が行われ、どのような効果が期待できるか、 飲み方はどうすればいいか、あと味の感想なんかを買いてみようと思います。

スポンサーリンク

メッツコーラの有効成分について


IMG_1351

 メッツコーラは特定保健用食品として認めらていますが、 何の成分が有効成分かというと、難消化性デキストリンというやつです。

難消化性デキストリンとは、水溶性食物繊維のことで、 この成分が、メッツコーラでは脂肪の吸収を抑えるとして添加されています。 また水溶性食物繊維なので、整腸作用、血糖の急激な上昇を抑える効果も期待できます。


難消化性デキストリンの研究論文について

 特定保健用食品として認められるためには、適切な研究方法により効果があると認められなければいけません。 科学的な根拠を持たない、よくわからん健康食品と特保が決定的に違う点です。

こちらの論文は、薬理と治療 2011年 39巻9号に掲載されています。 読むのは有料ですが、摘要ぐらいならネット上で読めたりします。→こことか

さて、どのような研究、効果があったかを簡単に説明すると、 血中中性脂肪値がやや高めの男女に、高脂肪食とともに難消化性デキストリン入り飲料を飲ませたところ、 食後の血中中性脂肪値の値が他の飲料の時よりも低かった、というもの。

これ以外にも、後にペプシの特保の研究なども出ており、便中への脂肪排泄量なども増加しているようです。


飲み方や注意点について

 まず飲み方ですが、食事により脂肪が入ってきた時に吸収を抑えるものなので、 食事と一緒に飲まなくては効果がありません。 また研究で高脂肪食とのペアだったように、ハンバーガーとメッツコーラ、ピザとメッツコーラ等 脂肪が多そうだなという食事の時に一緒に飲むと効果的だと思います。

さて、脂肪の吸収を抑えることは証明されていますが、 抑えると言っても50%抑えるとかそこまで強力なものではないはず。 「メッツコーラを飲んでるから、いくら脂っこいものを食べても大丈夫!」というわけではないのでそこはご注意を。 脂肪の吸収がちょっと抑えられる、ぐらいのつもりでいましょう。


飲んだ感想

 メッツコーラを飲んだ感想ですが、味はゼロカロリーの普通のコーラに近いものでした。 炭酸は強めで、炭酸が強い間はおいしく飲めました。 炭酸が抜けてくると、よく言われる人工甘味料の味というやつが目立つようになります。

カロリーも普通のコーラに比べ少ないし、糖質の入ったコーラをよく飲んでいる人は、代わりに飲んでみるのも良いと思います。