ビタミンB2とは?


今回の記事では、水溶性ビタミンのビタミンB2についてです。




■ビタミンB2とは

ビタミンB2とは、水溶性ビタミンの一種であり、化学名でリボフラビンというものです。
エネルギー代謝に関わり、成長促進の働きがあることから、
ビタミンG(grow)と呼ばれていたこともあるそうです。

性質としては、水溶性ではありますがビタミンB1等に比べ水に溶けにくいです。
また、酸性では安定ですが、アルカリや光に弱い特徴があります。
熱にも比較的に強いので、調理中の損失が少ないです



ビタミンB2の働き

ビタミンB2は炭水化物や脂質をはじめ、多くの栄養素の代謝に関わっています
また、皮膚や粘膜を保護する働きも持ち、不足すると口内炎などを引き起こすと言われています。

赤血球の形成や甲状腺機能の維持にも必要不可欠で、体の健康状態の維持に必要不可欠です。




ビタミンB2を多く含む食品

ビタミンB2は、肉や魚、卵などの動物性食品に多く含まれます
中でも、レバーには多くのビタミンB2が含まれます。

100g中では、
豚レバー・・・3.6mg
うなぎ・・・0.74mg
納豆・・・0.56mg
たまご・・・0.43mg
ぶり・・・0.36mg
牛乳・・・0.15mg



ビタミンB2の一日に必要な量

ビタミンB2の一日に必要な量は、0.6mg/1000kcalで、成人男性でいうと1.6mgにあたります。
主菜をしっかりと摂り、また副菜に海藻を取り入れたり、デザートに乳製品を活用する等をすれば、
必要量をしっかり摂取できると思います。

ビタミンB2は水溶性であり体内に貯蔵できないため、毎日しっかり摂取する必要があります。



ビタミンB2の欠乏症や過剰症

ビタミンB2の欠乏では、成長障害、口角炎、口内炎、舌炎、皮膚炎等が見られることがあります。
普通の生活を送っていて、成長障害が起こるほど不足することは無いと思いますが、
頻繁に口内炎が起こる場合は、もしかするとビタミンB2の不足かもしれません。

過剰症もほとんど報告されていないため、口内炎や皮膚炎がある場合、
とりあえずビタミンB2のサプリメントなどを摂取するというのも良いと思います。
(副作用のリスクが無いし、もしかすると治るかもしれないので)


ビタミンについて 目次