IHとガスコンロの比較・メリットデメリットについて

gasu

こんにちは!今日の更新は、IHクッキングヒーターとガスコンロの比較、メリットデメリットについてです。 今まで家庭ではガスコンロを使用していましたが、職場ではIHを使用しています。

ということで、それぞれの使用した感想、メリットデメリットなどを書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

ガスコンロとIHの違い

皆さん知っての通りだと思いますが、ガスコンロは火、IHは磁力線により鍋自体を熱することにより、加熱します。

IHは磁力線で加熱する都合上、電気抵抗のある鍋しか使用できません(でした)。 アルミや銅鍋などが使用できない鍋になります。

ただし、近頃は改良され、オールメタル対応のIHもでてきました。 しかし、銅やアルミも加熱できるとはいえ、鉄やステンレスに比べ最大火力が落ちるため、 あえてアルミや銅を使う必要もないと思います。 そう考えると、実質制限されているといえるでしょうか。


ガスコンロのメリットデメリット

では早速、ガスコンロのメリットデメリットについて考えたいと思います。

ガスコンロのメリット

・鍋や使う器具に制限がない
・フライパンや中華鍋等で、あおりながら火を当てる事ができる
・火から少し離して加熱など、火力以外の調節ができる(鍋を傾けて端だけを加熱など)
・火加減が目で見てわかるため、火力調整が直感的にできる
・全てのコンロを同時に使うことができる(IHでは、全てを最大火力で使用できないことがある)
・災害時など、ガスが生き残ることがある

ガスコンロのデメリット

・ガス漏れの危険性がある(最近はガスが止まる仕組みもできていますが)
・紙、布などに燃え移る可能性がある
・五徳の取り外しなど、清掃が面倒


IHクッキングヒーターのメリットデメリット

IHのメリット

・火力が強い
・清掃が容易
・他のものに燃え移る心配が無い
・ガス漏れなどの心配がない

IHのデメリット

・使用できる調理器具に制限がある
・加熱が見てわかりにくく、不意な火傷の可能性がある(機種による)
・あおる時に火力から鍋が離れる
・災害時に電気と一緒に止まる
・同時使用に制限がある


ガスコンロかIHか

ガスコンロは、昔から使用されていた加熱方法であり、多くの人に馴染みがあると思います。火力調整はやはりガスコンロのほうがしやすいと感じます。

IHは見た目で火力がわからないため、慣れるまで火力調整が困難です。使い始めの時は、予想をはるかに超える火力であったため、焦がしてしまう事も多くありました。 とはいえ、一度慣れてしまえば問題なく扱うことができますので、そんなに問題ないかな。 個人的には、料理初心者の方にはまずは火から入って欲しいと思いますが・・・。

IHで大半の料理はできますが、中華や炒めものについては、やはりガスコンロのほうがおいしく作れると思います。 中華は高火力短時間で作る料理が多く、あおりながら素早く撹拌し、かつその間も火を入れ続けなければいけません。

IHでは、あおる時にどうしても鍋を離してしまいますので、なかなか高温を維持できません。 あとは卵料理がいまいち作りにくい。 オムレツなんかは鍋の片側に寄せながら火を通したりしますし。

清掃については、IHのほうが行い易いでしょう。IHは知っての通り、拭くだけで清掃が完了します。ガスコンロでは五徳があったり、窪みに食材が落ちてしまったりと、清掃が大変。 最近のガスコンロでは、清掃しやすいフラットタイプのものもありますので、そういったものを選べばあまり差はないかもしれません。

安全性については、難しいところですが家を燃やすような事故になるのは、ガスコンロのほうだと思います。 日頃の火傷なんかは、IHのほうが起きやすいんじゃないかなぁと思います。 職場では場所の都合上、IHの上で作業をする事があります。 その際、IHがついている事に気が付かず、上に乗せたボウル等が加熱されていて、 その器具を持って火傷、という例がありました。

ガスコンロでは、火がついていれば熱されているということが見れば明らかなので、こういった事故はあまり起きません。家庭ではIHの上で作業をする事も少ないと思いますが、高齢者や子供には鍋などが熱くなっていることがわかりにくく、ふとしたときに火傷をしやすいかもしれません。普段から注意をしておけば防げる怪我かもしれませんが。


まとめ

まとめると、どちらが良いという話ではなく、一長一短といった感じです。 あえて言うなら全ての料理、調理器具に対応できるガスコンロのほうが、 汎用性に優れていて良いといえるでしょうか。とはいえ、慣れればIHでもほとんどの料理を作る事ができます。

清掃のしやすさ、安全性などからIHを選択するのも良いですし、やはり料理は火だよという方はガスコンロにすると良いでしょう。 ちなみに私は、やはり料理は火だよ、という思いがあるので、選択する機会があったらガスコンロを選びます。子どもができた時なんかにも、調理作業はガスコンロで教えたいですね。