プリン作ってみたら失敗した

この前とある企業が開催した、スチコンセミナーで蒸しプリンを食べて以来、プリン食べたいなーと思っていました。ということで、久しぶりにプリン作りに挑戦!

スポンサーリンク

結果・・・。

IMG_2085

( ゚д゚)…

見事 にすが入ってしまいました。 器にあけてみるとこんな感じ。

IMG_2087

ぶつぶつ!!

茶碗蒸しも同じですが、これはいわゆる、すが入った状態です。 漢字では、鬆が入ると書くらしい。

プリンや茶碗蒸しのような卵料理は、温度が高すぎたり、加熱しすぎたりすると、表面や内部に気泡ができてしまいます。 できた状態が、上記の画像。 こうなると舌触りも悪く、全くおいしくない。

今回は、卵の割合が多かった上、加熱時間も火加減もかなり適当だったためこのような結果に。 やっぱり注意して作らないとダメですね・・・。

さて、失敗したままなわけにもいかないので、すぐさまリベンジ。 今度は高温になりすぎないように、加熱時間と火加減を弱めて作ります。

すると・・・、

ぷりん

すが入ってないなめらかなプリンが完成! 味も予想を超えて良く、まさになめらかプリンという感じ。 とろけるような食感でした。

詳しいレシピはそのうち書く予定ですが、蒸しプリンはとにかく火を入れ過ぎないように注意しましょう。