ねぎは冷凍保存がお勧め!パラパラ状態で便利な使い勝手


葱 冷凍保存 フリーザーパック パラパラ
こんにちは!今日の更新は長ねぎの冷凍保存について。
長ねぎは比較的使用頻度の高い野菜だと思いますが、
1本での購入だと高かったり、3本束でしか売っていなかったりしますね。

そんなときは、冷凍保存がお勧めです。




パラパラな状態で保存すると便利に使える



冷凍ネギ パラパラ
パラパラな状態で保存すると、画像のように少量でも欲しいだけ使えるようになり、大変便利です。
使う都度、まな板出して包丁出して・・・、という手間もかかりません。

我が家では長ねぎを冷凍する際は、
冷凍キザミネギ フリーザーパック
このようにフリーザーパックに薄く広げて保存します。
薄く広げたら、凍った後に袋の上からほぐすようにするとパラパラな状態に。

ちなみに画像のネギは、2本分のネギです。

厚みがあるとほぐしにくいのですが、そういう場合は半冷凍(冷凍庫に入れて1~2時間)の段階でほぐしてください。
完全に固まってしまう前にほぐすことで、パラパラな状態にすることができます。
タッパーの場合も、半冷凍の時によく振る事でパラパラになります。

うっかりほぐし忘れてカチカチになってしまった場合は、大変ですがフォーク等でガリガリしながらほぐしましょう…。




我が家では中華料理に使う頻度が高いため、今回は長ねぎをみじん切りで冷凍しました。
他にも小口切りで保存したり、ぶつ切りで保存するのも良いでしょう。
もちろん長ねぎだけではなく、万能ねぎでもokです。

特に万能ねぎは購入した束を使い切るのは大変なので、冷凍して後日使うのが良いと思いますよ。