味の素の「お肉やわらかの素」の効果の程は?

お肉やわらかの素画像
こんにちは!今日の更新は、味の素さんの「お肉やわらかの素」という商品レビュー。先日スーパーで見かけて、面白そうだったので購入しました。

ということで使った感想を書いていきます。

スポンサーリンク

なぜ肉がやわらかくなるのか?

お肉やわらかの素 説明
味の素 商品情報サイトより
なぜこの商品で肉がやわらかくなるのか。パッケージにも記載がありますが、パイナップルにも含まれている「たんぱく質分解酵素」が含まれているためです。

ブロメラインと呼ばれるたんぱく質分解酵素で、酢豚にパイナップルを入れる理由の一つでもあります。(肉をやわらかくする)

味の素の商品ページによると、「たんぱく質分解酵素」により肉繊維がほぐれ、そのほぐれた部分にでんぷんが入りこむそうです。入ったでんぷんが、肉汁を保持してくれるとのこと。

なので、硬い肉だけでなく、鶏むね肉のようにパサパサになってしまう肉にも効果がありそうです。

実際に使ってみた感想

実際にまぶして使ってみました

お肉やわらかの素 牛肉
こちらの画像は、牛肉のステーキの画像です。片方はまぶしてあり、もう片方はそのままの状態で焼いて比較してみました。画像で見ても、違いはわかりませんね。

食べた感想としては、たしかに振りかけたほうがやわらかく仕上がっています。また、塩胡椒がついているので下味もちょうど良く、美味しく仕上がっています。

お肉やわらかの素使用画像
こちらは、鶏肉の唐揚げに使用してみました。この画像で使用しているのはもも肉です。こちらも、やわらかの素を使っていない肉と比較すると、たしかにやわらかく仕上がっています。ただ、つけていなくてもそこそこやわらかいので、別に無くても良いかなと思います。

他にも豚肉や、胸肉等一袋使い切るぐらい色々なものに振りかけてみました。色々使ってみた感想としては、もともとかたい肉(豚肉や鶏胸肉など)のほうが、差がハッキリしています。

まとめ

色々使ってみましたが、鶏胸肉やポークソテーなんかとはとても相性が良いと思います。やわらかくなるのもそうですが、商品説明通り肉汁が保持されているためか、パサパサ感が軽減されています。

もともとやわらかい、ステーキ肉(部位によりますが)や鶏もも肉なんかは使わなくても十分やわらかいので、あえて使う必要はないかなと感じました。下味代わりにもなるので、お好みですね。

余談ですが、お肉やわらかの素の袋を閉める時、結構粉が舞うのですが、吸い込むと鼻がむずむずします。もしかして、鼻の粘膜が酵素分解されているのかな・・・。袋を閉める時は、そっと閉めると良いと思います。