北海道の味!かぼちゃ団子(餅)レシピ!


こんにちは!今日の更新は、北海道の郷土料理、かぼちゃ団子(餅)のレシピです。

じゃがいもを使ったいももちが特に有名ですが、今回のレシピはいももちのかぼちゃバージョンです。

もち米の生産が少なかった時代に、餅のかわりに食べられたそうです。手頃なおやつになるので、かぼちゃが安い時にお試しください。

スポンサーリンク

材料 6~8個分

  • かぼちゃ1/4個(約350g)
  • 片栗粉大さじ6(55g)
  • バター10g
  • ■みたらしあん■
  • 50g
  • 片栗粉小さじ1
  • 醤油大さじ1
  • 砂糖大さじ1
  • みりん大さじ1

作り方

  1. かぼちゃは種・わたをとり、皮を剥いていく。
  2. かぼちゃを適当な大きさにカットし、耐熱皿に並べ潰せる固さになるまで電子レンジで加熱する。
  3. 加熱している間に、みたらしあんを作っておく。みたらしあんの材料を全て小鍋に入れ、弱火で沸騰するまで加熱する。
  4. かぼちゃが潰せるようになったら、片栗粉を入れながら潰し、よく練り上げる。
  5. 練上がったかぼちゃを丸めてから平らにする。
  6. フライパンにバターを敷き、かぼちゃ団子を弱火でじっくり加熱する。
  7. 片面3~4分ぐらいを目安に加熱し、焼き色がついたらひっくり返し同様に焼く
  8. 焼きあがったら器に盛り、みたらしあんをかけて完成
  • かぼちゃの加熱は電子レンジでも茹ででも蒸しでも何でもOK。
  • 片栗粉の量は水分量によって要調節。15%ぐらいを目安で、ゆるかったら増やしてください。固すぎる場合は、水分を足して片栗粉の量はあまり減らさないこと。もちもち感がなくなります。
  • 成形する時は薄めにしてください。中心部の片栗粉に火が通らなくなり、もちもち感がなくなります。火加減は弱火でじっくり。
  • 今回はみたらしあんでしたが、他にバター醤油のみだったり、おしるこに入れたりするそうです。
  • 焼く前の状態で冷凍が可能です。たくさん作った時は冷凍庫へ!

0 件のコメント :

コメントを投稿