片栗粉は生で食べられるのか?大福についている白い粉は何なのか

こんにちは!今日の更新は、片栗粉は生で食べられるのか?というテーマです。

スポンサーリンク

大福に付いている白い粉は何なのか?

先日塩大福を食べていてふと気になりました。この大福やけに粉多いなと。普段は全く気にしてなかったんですが、この白い粉はなんだろうと思いました。

調べてみると、思ったとおり大半が片栗粉(じゃがいもでんぷん)のようです。

場所によっては、上新粉(米を粉にしたやつ)や、コーンスターチ(とうもろこしでんぷんを粉にしたやつ)を使っていることもあります。

片栗粉が一番手軽なので、家では片栗粉を使う事がほとんどだと思います。

片栗粉は生で食べても大丈夫?

次に考えるのは、これ生で食べても大丈夫か?という問題です。

片栗粉にしろ米にしろ、でんぷん類は水を加えて加熱をすることで糊化(糊状になること)という変化をきたし、消化を受けやすい状態になります。

生で米を食べないのは、単純においしくないのもそうですが、多量に食べると消化に悪すぎて下痢をしてしまうからです。

じゃがいもやとうもろこしも、生でも食べられなくはないですが加熱したほうが消化に良いので一般的には加熱して食べますね。

逆に糊化しないと消化に悪い性質を利用して、冷や飯を食べるダイエットというのも流行っています。

ご飯を冷やすことで消化しにくい状態にし、すべてを吸収しないことでダイエットになるとかなんとか。

まあそういった例もあるので、消化に悪いのは確かでしょうが大福についているぐらいの片栗粉では何も起きないのだと思います。

まとめ

ということで、大福についているぐらいの粉なら恐らく問題ないでしょう。

先程書いたような、「これ粉多すぎじゃない?」と思うような大福も、恐らくそのまま食べて大丈夫です。

粉っぽいのではたいて落とすことが多いと思いますが。

0 件のコメント :

コメントを投稿