ホットケーキの生地を生で食べても大丈夫?お腹を壊すって本当?

こんにちは!今日の更新は、ホットケーキの生地を生で食べても大丈夫?というテーマです。

ホットケーキミックスを使ったホットケーキの生地って、甘くて美味しいんですよね。

作ったことがある人は、一回ぐらい経験があるはず。ということで、生で食べて大丈夫なのか?というテーマです。

スポンサーリンク

ホットケーキの生地は生で食べるとお腹を壊す?

ホットケーキの生地は誰から習ったかわかりませんが、「生では食べてはいけない」というのが習慣付いていると思います。

家庭科の授業や母親などから習うことが多いんですかね。

でもなんで生で食べてはいけないのかというのを知っている人は多くないと思います。

小麦粉は生で食べるとお腹を壊す

ホットケーキの主成分は小麦粉です。お腹を壊す原因は、小麦粉です。

小麦粉などのでん粉類は水を加えて加熱することで糊化(糊状になること)という変化をきたし、消化を受けやすい状態になります。

糊化していない状態の小麦粉は、非常に消化に悪いためたくさん食べると下痢や腹痛を起こすことがあります。

でん粉が加熱すると消化しやすくなるということは有名な変化で、他にもα化(アルファ化)とも呼ばれます。対して、冷えて消化しにくい状態に戻ることを老化と呼んだりβ化と呼んだりします。

もし食べてしまった時は?

生で食べてはいけない事を知らいない子供が口にしてしまう例があるかもしれません。

ボウル一杯分などあまりにも多量に食べた時は、ひどい下痢や強い腹痛など引き起こす可能性はあると思います。

ただ、ちょっと舐めてしまったぐらいなら問題ないと思われます。

少し前に大福についた片栗粉は食べても大丈夫か?という記事を書きました。 大福についている片栗粉と同様に、少しぐらいなら消化できないものを食べても問題ないと考えられます。

まとめ

ということで、舐めるぐらいの量なら大丈夫だと思いますが、ほどほどにしておきましょう。

また、消化器が未熟な子供や、機能が落ちている高齢者は少量でも下痢や腹痛を起こしやすいので、少量でもなるべく控えるようにしましょう。

0 件のコメント :

コメントを投稿