オールブランの美味しい食べ方

こんにちは!今日の更新は、ケロッグから発売されているオールブランの美味しい食べ方についてです。

オールブランはシリアル食品の中でも健康に良いと思いますが、かなり食べにくい・・・。ということで、美味しい食べ方についてです。

スポンサーリンク

オールブランの特徴

オールブランは小麦の外皮を主原料にしたシリアルで、非常に食物繊維が豊富なシリアルです。

1食分(40g)で11gの食物繊維が摂れる食品です。食物繊維11gというのは非常に多く、他の食品でこれだけの食物繊維を摂るのは容易ではありません。

食物繊維で有名なごぼうでも、100gで5.7gしかありません。食物繊維11g摂取するためにはごぼうでは200g食べる必要があります。そこそこの太さのごぼうで2本分ぐらいですかね。食べるのも大変だし、しかも高い。

日本人は統計的にも食物繊維が不足しており、食物繊維が不足すると便秘や下痢など排便関連の不調を招きます。

手軽に食物繊維を摂れて、食物繊維あたりの価格も安いです。とても良い商品だと思います。

しかし一つだけ欠点があります。それは、なんといっても「まずい」こと。やはり食物繊維の塊なだけあって、舌触り、のどごしが悪く、パサパサしています。

ネット上で味の感想を検索してみると、「比較的食べやすい枯れ草」「動物の飼料」「畳」などあまりにも酷い言い草です。

まあでもまさにそんな味で、パサパサで食べづらく香りもなんとも・・・、草っぽい感じ。まあ、食物繊維を濃縮して焼いたらこんな味になっちゃうのでしょう。

美味しい食べ方

非常に健康に良い食品だとは思うのですが、継続して食べるには味が悪い。ということで、ネット上にも様々なアレンジメニューがあります。

我が家で一番継続して食べられたのはこれ。

普通のシリアルのように牛乳をかけ、さらにはちみつを足す。これが手軽でそこそこ食べられる味になり、継続できました。

かなり甘さ控えめの味になっていて、食感が悪いので牛乳だけだと食べづらいのですが、はちみつをかけることで甘さがプラスされ、また独特の香りもはちみつで中和されます。かけるだけで済むオススメの食べ方です。

ネット上ではお菓子に練り込んだり、ピザ風にして焼くなど手の混んだアレンジメニューもあります。まあ美味しいかもしれませんが、面倒で長続きしませんね。

あとアレンジレシピで、ヨーグルトをのせて一番置くとレアチーズみたいになって美味しいという意見もあり試しましたが、私はダメでした。

酸味とざらざら感がいまいち合わないように感じます。まあ好きな人もいるみたいなので、各自で気に入る味を探してみて、継続するのが良いと思います。

ブランフレークについて

ケロッグにもオールブランがまずいという自覚はあるようで、味を重視した製品でブランフレークというものが出ています。

ブランフレークは確かに美味しくなっていますが、特徴である食物繊維が40gあたりで3.7gと大幅に減っているのが残念なところ。

健康面では、圧倒的にオールブランのほうが優れていて、コストパフォーマンスも良いと思います。

まとめ

オールブランは美味しくありませんが、これだけ食物繊維が摂れる食品はそうそうありません。

食物繊維が不足していると感じる方は、ぜひ試してみてください。

0 件のコメント :

コメントを投稿