カロリーゼロっていう表示は本当?


[cocacola-zero-500mlpet%255B3%255D.jpg]

有名ネタ。結論から言いますがカロリーゼロと書いてあっても、ゼロではない事があります!

実はカロリーオフ、カロリーゼロ、砂糖控えめ、脂肪控えめ等の表示は、基準が定められています。

スポンサーリンク

どういう基準か

一つ一つの栄養素、細かく表現及び基準が決められており、厚生労働省のHP上に記載されています。

栄養成分表示の見方

とても見づらいのでカロリーだけを抜き出してみると、

・カロリーゼロ、無、ノン、レス等の表示
→食品100g(100ml)あたり、5kcal以下なら表示可能

・カロリー控えめ、低、ライト、ダイエット、オフ等の表示
→食品100gあたり40kcal以下なら表示可能。
 飲料では、100mlあたり20kcal以下なら表示可能。

と定められています。「これなんか甘いのにカロリーゼロらしい・・・本当か?」などと思った場合は、量は少ないが糖質が含まれている、もしくは人工甘味料が使用されているといったところでしょう。


100gあたり5kcalってどうなのか

では、100gあたり5kcalは多いのか?という問題になります。これは人によって考え方が違うと思いますが、私は多くないと思います。

カロリーゼロの表示で一番身近なのは、カロリーゼロ飲料。炭酸飲料やスポーツ飲料等ありますが、500mlとペットボトルでも最大25kcal。実際には0.5kcalだったり、1kcal程度だったりします。飴一個分ぐらいかな。

ただし、塵が積もれば・・・とも言いますし、2Lペットボトルを毎日消費する勢いだと、控えたほうが良いかもしれません。

糖尿病患者や、肥満傾向にある方は、代替商品としての利用がお勧めできます。甘いものを摂取する習慣が抜けないので、お茶や水のほうがより良いのは言うまでもないですが。

ちなみに人工甘味料が太るのでは?などのうわさ話については、過去に記事をまとめています。
カロリーゼロ飲料や人工甘味料は太るのか? | 科学的根拠について