まずいオールブランを美味しく食べる方法【2020年5月更新】

2018/12/12

商品レビュー

t f B! P L

こんにちは!今日の更新は、ケロッグから発売されているオールブランオリジナルの美味しい食べ方についてです。

オールブランはシリアル食品の中でも食物繊維に特化した商品です。

食物繊維に特化した商品というのは実はあまり無く、腸内環境を整えるのに非常に良い商品ですが、とにかく食べづらい。

ということで、オススメの食べ方を書いていきます。

※2020年4月に更新しました。

スポンサーリンク

オールブランの特徴

オールブランは小麦の外皮を主原料にしたシリアルで、非常に食物繊維が豊富なシリアルです。

1食分(40g)で11gの食物繊維が摂れる食品です。食物繊維11gというのは非常に多く、他の食品でこれだけの食物繊維を摂るのは容易ではありません。

食物繊維で有名なごぼうでも、100gで5.7gしかありません。食物繊維11g摂取するためにはごぼうでは200g食べる必要があります。そこそこの太さのごぼうで2本分ぐらいですかね。食べるのも大変だし、しかも高い。

日本人は統計的にも食物繊維が不足しており、食物繊維が不足すると便秘や下痢など排便関連の不調を招きます。

手軽に食物繊維を摂れて、食物繊維(g)あたりの価格も安いです。とても良い商品だと思います。

しかし一つだけ欠点があります。それは、なんといっても「まずい」こと。やはり食物繊維の塊なだけあって、舌触り、のどごしが悪く、パサパサしています。

ネット上で味の感想を検索してみると、「比較的食べやすい枯れ草」「動物の飼料」「」などあまりにも酷い言い草です。

まあでもまさにそんな味で、パサパサで食べづらく香りもなんとも・・・、草っぽい感じ。まあ、食物繊維を濃縮して焼いたらこんな味になっちゃうのでしょう。

美味しい食べ方

非常に健康に良い食品だとは思うのですが、継続して食べるには味が悪い。ということで、ネット上にも様々なアレンジメニューがあります。

我が家で一番継続して食べられたのはこれ。

普通のシリアルのように牛乳をかけ、さらにはちみつを足す。これが手軽でそこそこ食べられる味になり、継続できました。

かなり甘さ控えめの味になっていて、食感が悪いので牛乳だけだと食べづらいのですが、はちみつをかけることで甘さがプラスされ、また独特の香りもはちみつで中和されます。かけるだけで済むオススメの食べ方です。

ネット上ではお菓子に練り込んだり、ピザ風にして焼くなど手の混んだアレンジメニューもあります。美味しいかもしれませんが、面倒で長続きしにくいのが難点。

あとアレンジレシピで、ヨーグルトをのせて一番置くとレアチーズみたいになって美味しいという意見もあり試しましたが、私はダメでした。

酸味とざらざら感がいまいち合わないように感じます。まあ好きな人もいるみたいなので、各自で気に入る味を探してみて、継続するのが良いと思います。

2019年4月追記

この記事を書いて4ヶ月食べ続けていましたが、新しく美味しく食べる方法を発見しました。

それは、「他のシリアルと混ぜて食べる」方法です。

オールブラン 他のシリアルと合わせた画像

中でも、同じケロッグのチョコクリスピーとの相性が良く、チョコクリスピーに混ぜ込み牛乳をかけて食べると美味しく食べられました。

オールブランの不味さは、一つはパサパサな食感、もうひとつは独特な香りにあります。チョコクリスピーに混ぜると、パサパサな食感がほとんど無くなり、独特な香りもチョコの風味で気にならないぐらいになります。

もしかすると、他にも相性の良いシリアルがあるかもしれません。いろいろ試して見て下さい。

2020年4月追記

2019年4月に追記記事を書き、さらに1年食べ続け、オールブランの真理に辿り着きました。

粉々に粉砕してひき肉料理に混ぜる」これです。

袋に入れて棒で叩いたり、すり鉢で潰したりして粉々にします。

これを、ハンバーグやドライカレーなどのひき肉料理に混ぜ込みます。

これらの料理は肉の臭みを消すために、香辛料が使われています。この香辛料が、オールブランの草っぽい香りを見事にかき消します。

ザラザラした食感もひき肉料理に混ぜ込まれていると、殆ど感じません。

オールブラン 食べ方 画像

こちらは、タコライスのひき肉部分に入れてみたものです。

見た目も、味も、香りも全くしません。完璧です。

オールブラン チョコクランチ

他にも試したものを紹介しましょう。

こちらはオールブランで作ったチョコクランチ。

チョコを湯煎で溶かして、オールブランを混ぜ込んで固めただけ。

ちょっと固いけどかなり美味しいです。

チョコを買わないといけないのと、カロリーアップするのでダイエット的な面ではイマイチ。

オールブラン 胡麻和え

こちらは粉砕したオールブランを混ぜ込んで胡麻和えに。

ごまのザラザラ感と食感が似ているので、違和感が少なめ。

すりごまを使うような料理にさりげなく混ぜても良いでしょう。


色々試しましたが、最も優れている食べ方はひき肉料理に混ぜることです。

ハンバーグ、ドライカレー、タコライス、焼売、餃子、麻婆豆腐、ミートソースなどなど。ぜひお試し下さい。

ブランフレークについて

ケロッグにもオールブランがまずいという自覚はあるようで、味を重視した製品でブランフレークというものが出ています。

ブランフレークは確かに美味しく、食べやすくなっていますが、特徴である食物繊維が40gあたりで3.7gと大幅に減っているのが残念なところ。

食物繊維の確保という面では、圧倒的にオールブランオリジナルのほうが優れていて、食物繊維と金額のコストパフォーマンスも良いです。

腸内環境を整えるのを目的とするなら、ブランフレークではなくオールブランオリジナルを買い、うまくアレンジして食事に取り入れるのが良いです。

まとめ

オールブランは美味しくありませんが、これだけ食物繊維が摂れる食品はそうそうありません。

食物繊維が不足していると感じる方は、ぜひ試してみてください。

自己紹介


とっぽ
高校で調理師科を卒業し、調理師免許を取得。管理栄養士学科を卒業し、管理栄養士免許・栄養教諭一種免許を取得しました。現在は都内某所の施設に勤務しています!どうぞよろしくお願い致します。

詳細プロフィールはこちら

ブログ アーカイブ

このブログを検索

QooQ