日清のAll in NOODLESは本当に完全?調べてみた

こんにちは!今日の更新は日清から2019年8月19日に発売された、All-in NOODLESというカップ麺についてです。

完全栄養食などという謳い文句で発売されている、栄養価の高いカップ麺です。

管理栄養士としては、完全栄養食と言われるとどんなものか気になってしまいますね。

ということで、どんな商品か確認してみました。

スポンサーリンク

All-in NOODLESだけで栄養は完全なのか?

公式のホームページによると、「一食に必要なすべての栄養素が入りました」とのこと。

一食に必要なすべての栄養素というのは何を指しているか。具体的には、厚生労働省が策定している、日本人の食事摂取基準で収録されている栄養素を指しているようです。

すなわち、炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラルですね。五大栄養素とも呼ばれます。

基準となった数値は、30~49歳の男性の必要量です。人間の必要量が最大になるのは18~49歳ぐらいで、かつ女性より男性のほうが必要量が多いので妥当なところだと思います。

さて、これらの栄養素を含んでいるAll in NOODLESを食べることで、健康に過ごせるのか?というのが疑問だと思います。

少なくとも、数ヶ月の期間はこれだけを食べていても健康に過ごせると思います。

しかし、日本人の食事摂取基準に収録されている栄養素は、あくまで現時点でわかっている栄養素であり、他にも健康上良いかもしれないと議論されている成分もあります。

なので長期間これだけを食べ続けたときの影響はよくわかりません(誰にもわからないと思います)。

あと、麺なので仕方ないですが、塩分は高めです。味付きのカップ麺のほうは、味によりますが一番塩分が高い商品で3.6g入っています。食事摂取基準の食塩の目標量はオーバーしています。

どんな人に向いているのか?

この商品がどんな人に向いているのかというと、「今の食生活がかなり偏っている人」にはとても良いと思います。

例えば、三食カップ麺を食べて生活している人とか。すべての食事をとまでいかなくとも、一食だけでも、このAll-in NOODLESに切り替えることで不足していた栄養素を補うことができると思います。

一日に必要な栄養素の1/3量と表記されていますが、実際には1/3量以上入っています。


※https://www.allinseries.jp/noodles/

1/3量どころが、一日分を軽く超えるぐらい入っています。一日一食、食べるだけでビタミンやミネラルは十分摂取できそうです。

現時点で食生活が乱れている、しかしすぐに改善するのも難しいという場合に良さそうな商品です。

コストパフォーマンスについて

ちなみに価格はこのようになっています。麺のみで一食400円(税抜)、味付きのほうで600円(税抜)、セット売りで安くなります。

一食分と考えると妥当な金額でしょうか。食事は適当に摂ってマルチビタミンとマルチミネラルを飲むほうが安くすみそうですが・・・。

まあサプリメントでは食物繊維やたんぱく質など、摂りにくい栄養素もあるので妥当なところだと思います。

まとめ

栄養については、少なくとも日本人の食事摂取基準に収録されている栄養素はほぼ含まれています。

以前他の完全食でCOMPという商品をレビューしましたが、そちらは脂質の脂肪酸のバランスまでこだわっていました。一方でAll-in NOODLESは脂肪酸についての記載はないので、そのあたりは考慮していないのかも。

しかし必要とされる栄養素はほとんど含まれており、一食で1/3どころが一日分を超えるぐらいの微量栄養素が含まれています。

なので食事が偏っている人が一食だけ取り入れるような食べ方をすることで、不足していた栄養素を補給することができるでしょう。

完全食ということで、この麺だけで生活していくことも数ヶ月はできると思いますが、年単位でそういう生活をしたときに健康的かどうかはわかりません。長期間食べ続けるにはちょっと塩分が高い気もします。

0 件のコメント :

コメントを投稿