鍋に入れるなら?白菜vsキャベツ

2020/10/26

料理雑学

t f B! P L
白菜画像

こんにちは!今日の更新は、鍋に入れる野菜は白菜?キャベツ?というテーマです。

近頃急に寒くなってきたので、我が家でも久しぶりに鍋にしました。

白菜とキャベツがどちらも安かったので両方買ったのですが、ふと、鍋にどっちを入れようかな・・・、という悩みが。

どちらが正解ということもないのですが、使い分けについて書いてみました。

スポンサーリンク

キャベツは甘味が強い

キャベツは白菜に比べ甘味が強い野菜です。

食品成分表にも、100g中の糖質は白菜で3.2g、キャベツで5.2gと記載されており、キャベツのほうが高い糖質となっています。

実際に鍋にキャベツを入れ煮込むと、かなりの甘味が出ます。

つまり、鍋の味として甘味があっても良い鍋なら、相性が良いということになります。

例えば、以下のような鍋。
トマト鍋
キムチ鍋
もつ鍋
すき煮

すき煮は一般的には白菜を入れますが、甘味のある味付けなのでキャベツも意外と合います。

使う砂糖の量を減らして、キャベツの甘味も含めて味付けをすると良いですね。

トマト鍋も甘さがあって良いですし、キムチ鍋は甘味でキムチの辛さがマイルドになるので、キャベツがよく合います。

もつ鍋もキャベツを入れることのほうが多いですね、もちろん白菜でも美味しく食べられます。

白菜はそこまで甘くない

一方、白菜はキャベツに比べると甘くありません

なので、しょっぱい味付けで、甘さがそこまでいらない鍋には白菜のほうが合うでしょう。

例えば、以下のような鍋。
寄せ鍋
ちゃんこ鍋
ミルフィーユ鍋
豆乳鍋

白菜のほうが煮汁の味を吸いやすく、白菜自体の味もキャベツほど主張が無いので、どんな鍋にも合います。

キャベツと白菜の栄養価は?

キャベツも白菜も、どちらも鍋に使える野菜で、どちらを使うかは好みによります。

栄養価的な違いはどうでしょうか。どちらでも良いなら、栄養価的に良い方を入れたい、という考え方もあるかもしれません。

食品成分表で、主要な5大栄養素を比較してみました。生の100gあたりの数値です。

白菜とキャベツ 栄養価比較

たんぱく質や糖質がキャベツのほうが多く、エネルギーも高めの数値となっています。

微量栄養素については大きな差はありませんが、食物繊維やビタミンCはキャベツのほうが高い数値となっています。。

差は誤差レベルですが、どちらが栄養豊富な野菜かというと、キャベツのほうがやや栄養価が高いと言えそうです。

しかし、ダイエット中ならキャベツより白菜のほうが向いているかもしれません。

100gあたりだと9kcalの差しかありませんが、キャベツも白菜も、鍋にするときは数百グラムと盛大に入れる事が多いですからね。20~50kcalぐらいの差は出そうです。

まとめ

白菜とキャベツの鍋勝負、どちらを入れても鍋は美味しくできますが、甘味がほしい鍋はキャベツ、他は白菜という使い分けが良いと思います。

栄養価的にはキャベツのほうが優れていますが、誤差レベルといえそうです。

エネルギーもキャベツのほうが高いので、ダイエット中の方は白菜を入れるほうが良いでしょう。

手軽に作れてたくさんの野菜を摂れる鍋は優れた料理です。どんどん食べましょう。

自己紹介


とっぽ
高校で調理師科を卒業し、調理師免許を取得。管理栄養士学科を卒業し、管理栄養士免許・栄養教諭一種免許を取得しました。現在は都内某所の施設に勤務しています!どうぞよろしくお願い致します。

詳細プロフィールはこちら

ブログ アーカイブ

このブログを検索

QooQ