アガーで作るプーアル茶のプリン

こんにちは!今日の更新はプーアル茶のプリンのレシピです。

プーアル茶は中国茶の一つで、それを使ったプリンです。多分あまり馴染みが無いと思いますが、一部の中華料理店でデザートとして作られています。

うちの近所では、揚州商人という中華料理のチェーン店のデザートメニューにあります。

プーアル茶のほろ苦い感じが、油っぽい中華料理によく合います。

スポンサーリンク

材料 3人分

  • 牛乳450g
  • プーアル茶パック2袋(4g×2)
  • 砂糖40g(牛乳の9%)
  • アガー5g(牛乳の1.1%)
  • 黒蜜用プーアル茶70cc
  • 黒蜜用砂糖15g
  • 黒蜜用黒糖15g

作り方

  1. 砂糖とアガーを計量し、よく混ぜ合わせておく。
  2. 1に牛乳を加え、プーアル茶パックを入れて火にかけ煮出す。
  3. 沸騰直前(細かい泡が出てくるぐらい)まで加熱しプーアル茶パックを取り出す。かき混ぜながら粗熱をとり、器に注ぎ冷やす。
  4. 黒蜜を作る。黒蜜用の砂糖と黒糖を計量しておく。
  5. 小鍋にプーアル茶を濃い目に煮出し、そこに砂糖と黒糖を入れとろみがつくまで煮詰める。
  6. プリンが固まったら、上に冷やした黒蜜をかけ完成。
  • アガーは商品によって固まり具合が違います。同じ商品を使えば同じ仕上がりになると思いますが、違う商品を使った場合は固さに応じてアガーの量を調整して下さい。
  • アガーは沸騰直前まで加熱しないと溶けません。固まらなくなるのでしっかり加熱してください。
  • 加熱し終わったプリンは粗熱をとってから器に注いでください。表面が乾いて膜をはって食感が悪くなります。
  • プーアル茶はスーパーで購入したパックのものを使用しています。使用したプーアル茶は4gで、2パック分ぐらいの濃さが最適かなと思いました。
  • ゼラチンや寒天でもできますが、アガーが一番良い食感に仕上がります。ゼラチンと寒天なら、ゼラチンのほうが合うかなと思います。

ちなみに今回使用したのはAmazonで購入したこちらのアガー。コスパに優れて良い商品です。

輸入食品店のカルディで購入したパールアガーでは、牛乳の重量の1.7%の重量が最適でした。その後amazonで買ったクールアガーを1.7%で計量して作ってみたら、固すぎました。

他のお店で買うと、また固さの具合が違うと思います。口の中でとろけるようなぐらいの固さが目標ですので、量をかえて試してみて下さい。。

クックパッド版もあります。

関連記事
牛乳寒天で膜を作らない方法

0 件のコメント :

コメントを投稿