タルタルソースが水っぽくならないようにする方法(画像付き)

こんにちは!今日の更新は、タルタルソースが水っぽくならないようにする方法について。

先日、ピクルスを頂いてタルタルソースを作ったのですが、かなり水っぽいタルタルソースが出来上がってしまいました。

あまり水っぽいと、かけた料理も一緒に水っぽくなってイマイチです。ということで、水っぽくならないようにする方法を調べ、実践してみました。

スポンサーリンク

タルタルソースを水っぽくならないようにするには?

googleで検索してみたところ、以下のような方法が挙がっていました。
・玉ねぎ等具材の水分をよく切る
・卵の量を増やす

また、レモン汁やピクルスの汁を入れすぎて水っぽくなる事もあるようですね。具材の水分は時間が経つと出て来るので、混ぜてなるべく早く食べるのが良いようです。

それぞれ検証してみた

まずはこちら。水切りや卵を増やす等の工夫をしなかったタルタルソース。玉ねぎは辛味を抜くために水にさらしたあと、ザルの上で絞りながら軽く水気を切りました。
DSC01011
見ての通り、具材が沈み上に水分がたまっています。

DSC01015
次に、この水っぽいタルタルソースに卵を足してみました。

DSC01019
確かに卵を足すことで、水っぽさが軽減されるようです。具材が増えかさが増し、卵の黄身部分が固めてくれています。

次に、ピクルスと玉ねぎの水分を、絞った上でキッチンペーパーでよく切ってみました。3枚使って、水気が完全に無くなるまで水切りしています。分量は同じぐらいになるように調節しています。
DSC01024
写真だと分かり辛いかもしれませんが、水切りしない場合に比べて固く仕上がってます。

なお、玉ねぎは塩が入ると水分が出てきます。和えてすぐ食べれば問題ありませんが、作りおきして時間が経つと水っぽくなります。玉ねぎをあたかじめ塩もみしておいて、水分を出しておくと時間が経っても水分が出にくくなります。

DSC01026
こちらは、切った玉ねぎに塩をふり置いておいたものです。下にたまるほどではないですが、玉ねぎ全体から水分が染み出してきて湿っています。

塩を振っておく以外にも、レンチンして水分を飛ばすという方もいるようです。ラップをせずに1分ぐらいレンチンすれば、辛味も飛び水分も飛びます。ただ、生の玉ねぎの食感は無くなるので、好みが分かれるところですね。

まとめ

タルタルソースが水っぽくなってしまうのは、当たり前ですが具材の水分が問題です。玉ねぎやピクルスはよく水気を切り、レモン汁やピクルスの汁などもあまり入れすぎないほうが固く仕上がります。

玉ねぎは塩が入ると水分が出て来るので、あらかじめ塩もみして水分を出しておくのも良いと思います。時間が経っても水分が出にくくなります。

卵を増やす方法も有効ですが、卵の消費が無駄に増えるしカロリーもアップするので水切りをちゃんとしたほうが良いかなと思います。水っぽくできてしまった時の対策としては良いと思います。

0 件のコメント :

コメントを投稿